買い取ってくれれば一番ですが、逆にお金をとられる場合も…

10年落ちした自動車の活用法があったらいいなと思いませんか?

正確に法文に従えば、10年経過した自動車は、購入時の10%しか価値がなくなり、逆に認められるだけの価値分は課税される可能性がある。それならと言うので、長年乗り続けてきた自動車を廃棄処分にしようとすると、産業廃棄物扱いで一台当たり8000円-2万円の費用は用意しなければならない。自動車メーカーや販売店は我関せずの立場だ。空き地に自動車が乗り捨てられるのも不思議ではない。資源の有効活用では世界的にリサイクルが一つの柱となっている。

ところが、日本では誰もがリサイクルを口にする割には、何ら具体的な方針が定まっていない。溶かしたり粉末状にして原料とするのか、耐久性のある自動車の部品は他のものに転用して使うのかなど、いくつか方法は実行されてきたが、全体としてはいっこうに方向性が見えない。日本車の場合は4年に一度はフルモデルチェンジがあるが、少なくともバンパーくらいは設計を変えず10年程度は使い回しをしてもいいと思うが、そんな約束事もない。

パーツを溶かしたり粉に戻して原料にするには、加工のためのエネルギーが必要であり、公害発生の心配もある。この点、自動車の基本設計を変えずに部品を使い回す方がはるかに省エネ、省資源となり理に叶っている。ドイツでは二次流通に回せない自動車は解体し、使える部品だけを取り外して車種、年代別にストックし、コンピュータで管理している。そこでユーザーから修理の依頼があると、その自動車と同じ年代の車の部品を探し出し、ユーザーに対して新品の部品を使うか中古のものにするか選択させる。
もし車 売るなら、高く売りたいと思うことが普通だと思います。できるだけ高く売るために、いろいろとインターネットアドを利用して査定してみる事で、よい結果を得られるでしょう。
自家用車を車査定に出すと、結構金額がでてくるまでに時間がかかるのではないか?という心配をする人がいますが、最近はインターネットで30秒で金額がでるサービスもあります。
車を売ろうと思って車査定をしてもらったけど、納得出来ない査定だった時はいろんな業者に頼んで見ることも重要です。業者によって重視するポイントが若干違うのでする価値有りですよ♪


バスにしても走り始めて80数年にしかならない。ということは、結局自動車に対する知識や警戒心がいまだに薄く、利用する便法も知らないので、あらゆる機関が勝手に自分たちの言い分を主張し合うことになる。しかも正規の行政の仕事からはみ出た部分のため、行政補助機関が多数できあがってしまった。補助機関が多ければ多いほど、お役人にとっては結構なことになる。

行政改革が叫ばれているが、自動車、交通に関しても各機関の働きを調査して明確にしなければならない。そのための行政こそ必要だが、これらの調査にはまったく手がつけられていない。処々方々に権益と権域ができあがり、それを他人に渡したくないためだ。庶民に自動車が行き渡り始めたのは、1960年以降のことだ。

What's New
2013/09/19 注目記事を更新しました。
2013/09/15 新着記事を更新しました。
2013/09/14 ややきついカーブを更新しました。
2013/09/11 エネルギーの研究を更新しました。
2013/09/09 暗澹たる未来を更新しました。
2013/09/07 同じ年代の部品を更新しました。
2013/09/06 10年落ちした自動車の活用法があったらいいなと思いませんか?を更新しました。
2013/09/03 ホームページをリニューアルしました。

注目サイト
新車・中古車の総合情報サイトcarview(カービュー)クルマ買取専門カーミニークCAR3219.comカーチャンネル
愛車買取・売却の初心者向けのサイトです。初心者ガイドであなたからのご質問をちゃんと答えます。地域一番点を目指すカーミニークのサイトです。埼玉最大級の車買取店。中古車の購入・売却で最大2万円の祝い金がもらえるのは業界初。買取の一括査定や競争入札にも対応。